脳波計や脳波計測の研究紹介

このページでは、PGVの脳波計や脳波計測を含めた脳波の活用に関するこれまでの研究実績や現在の取り組みを紹介しています。

PGVの研究開発は、国内研究機関と共同開発体制を構築するスタンスで、日夜、脳波計と脳波の活用に関する最先端の技術を追い求めています。

研究実績

主に学術論文や学会発表などの研究実績を紹介しています。特に脳波計に関しては、発明者でありPGVの社外取締役でもある大阪大学産業科学研究所の関谷毅教授の研究業績についても記載しています。

Read More 

研究開発の取り組み

PGVでは様々な脳関連事象に対して、脳波による機械学習の開発に取り組んでいます。この取り組みにおいては国内の研究機関と協力して、医療・ヘルスケア分野を中心とした脳波の活用に関して複数の研究開発を実施してます。

Read More