PGVのニューロリサーチ

人間の行動の95%は無意識が決めていると言われていますが、私たちが感知できるのは顕在意識のみです。そのため、インタビューやアンケート等の従来行われてきた手法だけでは、意思決定や消費行動に至る潜在意識にはアプローチできないことが課題です。当社は、そのような潜在意識のブラックボックスを読み解くために、脳波を軸とした生体情報を用いてユーザーの「本音」の理解に迫ることに取り組んでいます。当社は、ニューロリサーチのアプローチには、以下の3つの特徴があります

簡易にかつ正確に脳波を計測

脳活動を捕捉するための手段として、電磁波を利用した磁気共鳴機能画像法(fMRI)等が用いられてきましたが、計測コストが高額であり、また被験者が横たわった状態で測定するため適合しない調査対象もありました。

そこで、新たな技術選択として、脳活動の時系列活動を収集するため、簡易な脳波計測機が注目されており、PGVのパッチ式脳波センサは、簡易かつ精度の高い脳波計測を可能しています。

脳波データを処理・解析するノウハウを蓄積

膨大な時系列データである脳波を効率的かつ効果的に解析するためには、①ノイズ処理、②周波数解析、③アノテーションなどの前処理能力が極めて重要であり、当社では十分な経験を有する技術スタッフが対応します。また、脳波データの意味付けをするためのAI(機械学習、深層学習)においても、当社データサイエンティストが的確な解析を実施します。

アカデミアのサイエンスネットワーク

ブレインテックに関する科学的な知見は年々蓄積されておりますが、未だ発展途上の段階です。お客様が検証されたい課題に対して、脳波や他の生体信号の解析をどのように活用すべきか、大阪大学をはじめとして、脳科学、AI、医学、睡眠などの各分野において当社が保有する専門家ネットワークを活用して、最適な解析アプローチを検討・提案します。


脳波解析の進め方

SERVICE-item_1

1.脳波試験

被験者を準備して調査対象の脳波を測定します。

2.AIモデル構築

入力を脳波(説明変数:モデル共通の脳波(Hz)7因子)、出力を調査対象(目的変数)としてAIを構築します。

SERVICE-item-02

モデル共通の脳波の7因子

Gamma波
25-45 Hz
High-Beta波 
18-25 Hz
Low-Beta波  
13-17 Hz
High-Alpha波 
12-12.99 Hz
Mid-Alpha波 
10-11 Hz
Low-Alpha波
8-9 Hz
Theta波 
4-7 Hz

 

3.AIモデル解析・評価

AIモデルの判定精度の評価:正確度・F値を算出し、調査対象の脳波への影響を調査

脳波の影響度の詳細確認:寄与度を調査することで脳波のどの部分の影響が強いかを調査


サービスのご利用ステップ

ニューロリサーチにおいてより有益な結果を生みだすためには、お客様の課題に対して的確な試験を設計することが重要です。そのために、お客様と事前に綿密に議論を重ねます。また、試験結果を活かすため、試験結果に対してレビューを行い、お客様との議論を通じて次のアクションを明確にしていきます。

検討ステップ、費用など、ご不明点、疑問点がありましたら、お気軽にお問合わ下さい。

SERVICE-item-3