SleepServiceLogo

パッチ式脳波計を用いた睡眠解析

transparent_dummy_vertical_bar

睡眠解析における脳波データの有用性

睡眠中に脳波を計測しない限り「睡眠の状況」を精確に知ることができません。

通常、脳波を用いた睡眠ステージは、終夜睡眠ポリグラフィー検査 (PSG)* を利用し、医師や臨床検査技師の目視により判定されます。入院検査となるため被検者の負担は大きく、長期間にわたって睡眠状況を追跡することは非常に困難です。

Report

* 終夜睡眠ポリグラフィー検査 (PSG) とは

睡眠時の脳波、眼球運動、心電図、筋電を計測し、睡眠時無呼吸症候群、周期性四肢運動障害、睡眠時随伴症などの睡眠障害の診断に用いられます。脳波計、鼻・口の気流センサー、胸郭・腹壁の動きをみるセンサー、心電計、パルスオキシメーターなどを装着し、被検者に大きな負荷がかかります。


PGVの睡眠解析サービス

  • 小型でワイヤレスな、PGVのパッチ式脳波計を用いて、睡眠時の脳波計測を行います。
  • 睡眠学会認定の睡眠検査技師のステージ判定を教師データとして構築したAIモデルで、睡眠時の脳波データを解析します。

PGVの睡眠解析を選ぶポイント

① 高精度脳波計測を可能とするデバイス

  • 生体に優しい伸縮自在な3チャンネル電極を使用
  • 優れたノイズ除去技術を搭載
HARU2_FrontBest

② 被験者に優しいユーザビリティ

  • ワイヤレス制御 (有線制御は、ケーブルが邪魔になって眠りを妨げることが比較的多い)
  • 被験者自身で、電極とパッチ式脳波計の装着が可能
  • パッチ式脳波計は軽量小型で、装着感や煩わしさを感じさせず、寝返りも打ち易い
  • 脳波計測中でもトイレに気軽に行くことが可能
SleepingHaru2-tablet

​③ 上記の特長を活かした睡眠時の脳波計測

  • 普段通りの睡眠時の脳波データを取得し易い
  • 在宅で睡眠時の脳波計測がし易い
  • 計測脱落者を多く出さずに、試験計画通りに、睡眠時の脳波データを取得し易い

④ 定額で解析無制限

⑤ 解析結果は最短翌日に返却 ※データ量によって翌日返却できない場合があります


提供データ

睡眠解析レポート

  AIによる脳波データの解析結果をレポート形式で提供します

1-睡眠解析結果レポートサンプル
2-睡眠解析結果レポートサンプル

睡眠解析レポートのサンプル​

睡眠時の脳波データ *

  CSVおよびEDFフォーマットで提供します。

  • CSV:睡眠ステージ、睡眠変数、睡眠脳波 (各電極の電圧値)
  • EDF:睡眠脳波CSVのバイナリファイル
EEG_CSV

睡眠脳波CSVデータのサンプル​

* 臨床研究を目的とした学術研究機関による脳波データの自主解析ニーズに応えています。

本サービスに用いる睡眠解析プログラムは、疾病の診断、治療、予防を目的としていません。
研究目的にのみご利用が可能です。​


ご利用開始までの流れ

STEP1

まずは見積依頼

STEP2

サービス利用申込み

見積書発行時にご案内する利用申込みフォームより、見積書記載の見積書 IDをご入力ください。

STEP3

サービス利用開始

サービス利用申込日より、最短7営業日で計測キットがお手元に届き、すぐご利用を開始いただけます。

睡眠解析サービス料金

脳波計1セットあたり 20,000円/3ヶ月

※ 期間内の解析回数に制限はありません

※ 睡眠解析料の他に別途、脳波計及び消耗品の費用をご負担頂きます。
※ 脳波計のご利用は購入またはレンタルからお選び下さい。


提供実績

  • 学術研究機関
  • 臨床試験受託会社
  • 企業の研究開発部門
  • 健康経営企業
  • 国立研究開発法人による延べ1万人の規模での睡眠計測調査プロジェクト (農研機構SIPプロジェクト*) に参画中

 

 

農研機構SIPプロジェクトの詳細はこちら