脳波とAIのCase Study

Back view of businessman drawing human brain on wall
脳波とAIの基礎知識

脳波のAI解析をはじめよう!〜③脳波計の原理を知る

脳波計を使ってヒトの脳波を正しく計測するには脳波計の特性を把握しておくことが重要です。脳波計の原理を理解することで、脳波計のもつ特性が見えてきます。この記事では他の計測方法とも比較しながら脳波計の原理について解説していきます。

NAIS Entry活用事例

NAIS Entryを使った脳波AI解析事例~②色点滅刺激による脳波反応の確認

PGVが開発したNAIS Entryを利用すると脳波のAI解析が簡単にできます。今回は、色点滅刺激による脳波反応の確認を例にとって説明します。この事例では被験者3名での脳波計測とAI解析の結果、色刺激の違いを高い精度で見分けることができました。

NAIS Entry活用事例

NAIS Entryを使った脳波AI解析事例~①音楽刺激の違いを脳波で見分ける

PGVが開発したNAIS Entryサービスを利用すると脳波のAI解析が簡単にできます。今回は、音楽刺激の違いを脳波で見分ける試みを例にとって説明します。被験者4名での脳波計測とAI解析の結果、音楽刺激の違いを高い精度で見分けることができました。

脳波とAIの基礎知識

脳波のAI解析をはじめよう!〜②なぜ脳波にAIを使うのか?

脳波は他の生体信号に比べてヒトの活動や状態を細かく読み取ることができる代わりに解析しにくい信号です。過去から脳波の解析は行われてきましたが、広く実用化されていません。 そこでPGVでは積極的に脳波解析にAIを用いることを進めています。以下ではPGVが脳波にAIを用いる背景を説明します。

脳波とAIの基礎知識

脳波のAI解析をはじめよう!〜①脳波は優秀な生体信号

脳波が現在多くの注目を集めています。脳波は非侵襲で計測できる生体信号の中で最も細かな粒度でヒトの活動や状態を評価できる可能性があることが長所です。一方で、脳波が非侵襲でも手軽に計測・解析が難しい(=扱いにくい)ことが短所です。今回は脳波の長所・短所を説明します。